1. ホーム
  2. 車、バイク、自転車
  3. バイク
  4. ハンドル
  5. ヤマハ RZ250 (80-82年/4L3)/RZ350 (81-82年/4U0)対応 アクセルワイヤー [ブラック/純正ノーマル長]
モデル着用&注目アイテム 国内発送 ヤマハ RZ250 80-82年 4L3 RZ350 81-82年 4U0 対応 アクセルワイヤー ブラック 純正ノーマル長 quadrantmsl.com quadrantmsl.com

ヤマハ RZ250 (80-82年/4L3)/RZ350 (81-82年/4U0)対応 アクセルワイヤー [ブラック/純正ノーマル長]

2433円

ヤマハ RZ250 (80-82年/4L3)/RZ350 (81-82年/4U0)対応 アクセルワイヤー [ブラック/純正ノーマル長]

【製造国】 日本

【適合車種】
YAMAHA RZ250 (1980-1982年/4L3)/RZ350 (1981-1982年/4U0)対応
※上記車種専用品となります。
(適合年式や型式等の記載がある場合は、その年式、型式のみ適合となります。)
【ワイヤー種別】 アクセルワイヤー
【アウターカラー】 ブラック
【アウター全長】 純正ノーマル長(ノーマルアウター全長1120mm)


【特長/仕様】

■ハンドル交換時や補修に使える、国内製造品のロングワイヤー。
■インナーは、7×7=49本の高密度被ヨリ仕上げによる、ステンレスワイヤーを使用。
■アウター内側にはテフロンチューブを使用し、伸びが少なくスムーズな動きを実現。
■タイコ部分とワイヤーは、ダイキャスト接合により引張強度250kgにも耐える接合力を実現。
【ご注意事項】

■掲載画像はイメージとなり実際の商品と異なります。上記適合車種専用品を発送させていただきます。
■ノーマル車両適合品となります。(キャブレターやスロットルホルダーを変更している場合は不適合。)
■アクセルワイヤーは、引き/戻しがある車種の場合には2本1組、引きのみの車種の場合には1本のみとなります。


ヤマハ RZ250 (80-82年/4L3)/RZ350 (81-82年/4U0)対応 アクセルワイヤー [ブラック/純正ノーマル長]

スクールベスト 女子 スクール ベスト 制服ベスト 無地 Vネック 秋 冬 レディース 高校 学生 中学 JK セーター 大きいサイズセイコー SEIKO プルミエ Premier キネティック メンズ パーぺチュアル 腕時計 SNP150P1ダウンジャケット レディース 軽量 ウルトラ ライトダウン 羽毛 フェザー アウタージャケット ショート丈 秋冬 防寒 フード付き 登山P最大19倍!! 7月3日限定 (取寄)ラコステ メンズ ジャンプ サーブ スリップ CMA Lacoste Men#039;s Jump Serve Slip 07221 CMA Black WhiteMAGARROW スーツケースベルト トランクベルト 荷物ロックベルト 梱包バンド 調整可能 (ブラック- 6枚入り)リング ペア 可 クリスマス プレゼント シェル ライン pnrb サージカルステンレス 彼氏 彼女 刻印ショルダーバッグ レディース 本革 通販 斜めがけ 革 小さめ カジュアル ナチュラル ブランド fes フェス おしゃれ シンプル ママ 大人 通勤 通学リュックサック レディース リュック 革 本牛革 本革 2way 肩がけ 柔らかい 牛革 サイドポケット付き 軽量 軽い レザー 革 マチ広い 通勤 通学 黒 無地ラテクマ サンリオキャラクターズ ショルダーバッグ ミニバッグレディース ファッション小物 フェイスカバー&ネックカバー 2WAY サービス品 フラワー水色ワインディングマシーン 2本巻き 大人ワインダー 自動巻き 腕時計 ケース 超静音設計 ウォッチケース 男性 女性 新型 自動巻き上げ機 腕時計ケース USB充電ハワイアン 雑貨 バッグ ハワイアン雑貨 ホヌタパ柄 コットンバッグ エコバッグ ハワイ 土産 ハワイ お土産 ハワイアン バッグがま口アイコスケース ねこ唐草 在庫商品 [M便 1/6] iQOS iqos シガレット タバコ 煙草 ロング 電子タバコ 加熱式 ねこ 猫 ネコ 唐草模様 あやの小路 がまぐちantlion antlion:アントライオン ステムナット Ver.II カラー:ブラック[BK] バリオス2 バリオス ゼファー400 ゼファーX ゼファー750 ESTRELLA [エストレヤ]イルムス ガーメントバッグ(ブラック) B-IL1456BKSAYA ラボキゴシ サヤ 50982 B ブラック ローファー リボン カジュアルシューズ 2cmヒール リザード型押しステア(牛革)コサージュ 入学式 コサージュ フォーマル 2way ヘッドドレス 桜 コサージュ 花 結婚式 髪飾り fh12019cmACTIVE バイク スロットル ハイスロKIT T-2 T.GLD φ28 CBR1000RR 04-12AirPods 第3世代 ケース ディズニー キャラクター シリコン ソフト AirPods3 ボールチェーン付き エアーポッズ3 dn-934
シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
  • 世の中のうごき
  • ことば
  • エッセイ

第一章 5分でわかる〝ブラジル勝ち負け抗争〟入門

封印された分断 ブラジル勝ち負け抗争――小説『灼熱』刊行記念
葉真中顕
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

きょうだいの手紙

村井さんちの生活
村井理子
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第6回 字源と語源のはなし

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • エッセイ

言葉を取り戻す旅へ(最終回)

安田菜津紀の写真日記
安田菜津紀
  • まなぶ
  • こころ
  • 思い出すこと
  • エッセイ

大学教員になる

おかぽん先生青春記
岡ノ谷一夫
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

五 親しき仲にもポリティクス

お坊さんらしく、ない。
南直哉
  • こころ
  • くらし
  • 対談

ずっと不思議な人だった。

中野翠×佐久間文子 『ツボちゃんの話 夫・坪内祐三』をめぐって
中野翠
佐久間文子
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

25. 心を鬼にして……「さらば、スレイモン」

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
小谷みどり
  • まなぶ
  • こころ
  • エッセイ

第5回 日本語の漢字音と現代中国語音の関係

ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く
橋本陽介
  • くらし
  • こころ
  • エッセイ

11.心と体重をすり減らし

マイ・フェア・ダディ! 介護未満の父に娘ができること
ジェーン・スー
  • こころ
  • まなぶ

第20回(2021年度)小林秀雄賞 受賞作決定のお知らせ

小林秀雄賞
考える人編集部
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

24. われらオオサカベーカリー の「日本風菓子パン」……

没イチ、カンボジアでパン屋はじめます!
小谷みどり

ランキング

パンプス 黒 グレー ローヒール ポインテッドトゥ Vカット 9350 レディース 靴 ブラック プレタポルテ PRET-A porter セールリヒトラブ バッグインバッグ A5 イエローグリーンエコバッグ バッグ ミニミニチャームエコバッグ ラウンドプレーントート高校 制服 学生服 上下セット 4点セット 卒業式スーツバッグ ハンドバッグ 型押しクロコハンドルBAG中古 ザラ ZARA ツイードプリントテーラードジャケット シングル 2B センターベント 40 黒 ベージュ ブラック /MF ■OS レディース 【ベクトル 古着】アニエスベーagnes b. メンズ レディース ジャケット パーカー長袖オーバー ロゴ ライトアウター おしゃれ 大きいサイズ【Kahiko】LEIGHTON LAM Lani プルメリアピアス ホワイト[ GIORDANO ] テーパードイージーストレッチアンクルパンツローファー SC GLR レザー ローファー V2つや消し 2連 サークル ピアス 揺れる 大人 スタイリッシュ シンプル デイリー オフィス 結婚式 二次会 パーティ エレガント カジュアル ゴールド女性袴 刺繍入り 3サイズ〔黒〕指輪 10金 ダイヤモンド リング k10 イエローゴールド ホワイトゴールド ピンクゴールド 天然ダイヤ ファッションリング 日本製 ギフト 卒業式 入学式ファー 付き ストール ショール 大判 厚手 レディース 冬 用 フェイクファー 無地 全12色 a3 防寒 着物 羽織 成人式 母の日バッグ クラッチバッグ サテンプリーツ×メタルフレームクラッチバッグ

MAIL MAGAZINE

とは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥